ビジネスマッチングならビズクリエイト

Biz-Create

法人顧客の新規開拓に活用。
あらたなコンタクトポイントとして、
高い効率と可能性を実感。

株式会社エイチ・アイ・エス
法人営業本部 統括営業部 部長 藤野匡生様

『Biz-Create』のサービス開始当初からのユーザーであるエイチ・アイ・エス様。
近年、法人営業の分野では、出張支援サービスをはじめとする法人向けサービスの開発・拡充に注力しており、新サービスのプロモーションや新規顧客開拓、あらたな商材やパートナーの募集など、様々な目的で『Biz-Create』をご活用いただいています。

新サービスをリリースするときは、
まず『Biz-Create』で情報発信。

これまでにどのくらいのニーズを掲載されましたか?

今までに17件のニーズを掲載しています。特に指示したわけではないのですが、新しいサービスができたら『Biz-Create』に情報を掲載するという流れが、いつのまにか部内に生まれておりまして、これまでに7~8チームほどが利用させていただいています。

『Biz-Create』の使い勝手はいかがですか?

企業の海外進出を支援する専門サイトなどでもマッチングを募集しておりまして、それなりに便利に使わせてもらっているのですが、そういうサイトはどうしてもニーズが限定されてしまいます。その点、『Biz-Create』は特定のニーズに縛られない総合サイトですから、多種多様なサービスを訴求できます。弊社では、旅行や出張だけにとどまらない「サービスの多角化」を積極的に進めているので、間口の広さは非常にありがたいところです。それから、やはり「安心感」という部分も非常に大きいですね。銀行さんが運用されていて、ユーザーはその取引企業だけということで、誰もが安心して利用できます。「日本で一番安心なビジネスマッチングサイト」といえるのではないでしょうか。

新規顧客開拓の手段としては、
圧倒的に効率がいいですね。

ニーズ募集に対する反響や成果はいかがですか?

もっとも反響が大きかった案件は、「SDGs」に関する商材・パートナー募集で、閲覧が60件、商談のお申し込みは8件。お申し込みいただいた企業様すべてとお会いできました。残念ながら成約には至りませんでしたが、このご縁は非常に貴重なものだと考えています。
営業という仕事にとって、新規開拓というのは永遠かつ最大のテーマ。新しいお客様と出会うために、日々、膨大な労力を費やしています。たとえば、テレアポで営業活動をして、お客様に合える確率はだいたい0.5%。1,000件アプローチして5件くらいです。それに対して『Biz-Create』は、情報を掲載するだけで8件のマッチングを得られたのです。単純計算で、1,500件のテレアポと同じくらいの価値がある。『Biz-Create』の営業効率は、かなりのものだと言えますね。

お客様の反応はいかがでしたか?

お互いにニーズがはっきりしているので、話が早いですよね。『Biz-Create』の会員同士という安心もあるので、すぐに会ってビジネスの話ができます。
営業マンにとって成約数はもちろん重要ですが、お客様との出会いから、商談、成約まで、すべてのプロセスをいかに短縮するかというところも、じつは非常に大きな課題です。その点、『Biz-Create』は、従来の営業手法よりも格段に少ない手数で話を進められます。商談のお申し込みが届いたら、すぐに商談まで行けますから。
お客様との心理的な距離の近さ、そして、商談までのスピード感。これは営業の仕事にとって貴重なメリットです。

より多くの反響獲得とプロセスの効率化。
二つの課題に取り組み、さらなる成果を。

今後の展望について教えてください。

より多くの企業様に興味を持っていただき、商談のお申し込み数を増やすということに関しては、「どうやって情報を伝えればいいか?」というところを工夫していこうと考えています。たとえば、「こんなサービスがあります!」ではなく、「こういうお困りごとありませんか?」「一緒にこういうことやりませんか?」といったように、お客様へ“問いかける”ようなスタイルの方が反応がよかったりするので、そういう細かなところを改善して精度を上げていきたいですね。また、お申し込みからから商談に至るまでのプロセスにも、まだまだ短縮の余地があると思います。

『Biz-Create』への登録を検討中の企業様へメッセージ

信用のおけるサービスで、費用は無料、効率よく新しいお客様に出会える。こういうサービスがあるのに使わないのは、本当にもったいない。本当に真剣に営業のことを考えているなら、まずは登録してチャレンジしてみるべきだと思います。電話やDMでの営業に比べて、コストは圧倒的に低いですし、リスクに関してはほとんどゼロ。いや、リスクなんてまったく思いつかないですね。むしろ、チャレンジしないことの方がリスクだと言えるかもしれません。

その他の活用事例紹介

  • 株式会社宇佐美鉱油さま

    株式会社宇佐美鉱油さま

    全国に約500店舗のサービスステーションを展開する宇佐美鉱油様。石油小売販売の分野で国内屈指のシェアを誇る一方、2018年からはEC事業をスタート。『Biz-Create』を...

    詳しく見る
  • ベルフェイス株式会社さま

    ベルフェイス株式会社さま

    チームで売上を最大化するオンライン営業システムの開発・販売を手がけるベルフェイス様。オンライン商談の急速な普及を追い風に、創業から6年ほどで導入企業は2,000... 詳しく見る